顎のたるみは美の強敵|効果的な施術を徹底解剖

締まりのない顔の原因とは

鏡を見る女性

たるんだ部分を引き締める

人に与える印象というものは顔の表情一つで決まることがありますが、たとえば顎の部分がたるんでいると顔全体が締まりのないものに見えてしまうことがあります。できることならこのたるみを改善させて、よりシャープなフェイスラインというものを手に入れて、印象も可能な限り良いものにしたいものです。顎のたるみを改善させるためにはいろんな方法がありますが、中でも多くの人がやられているものはマッサージと整形という手段ではないでしょうか。どんな手段を選ぶにしろ、まずは顎のたるみの原因というものを追究していくことが大切になり、それと同時に毎日の習慣や行動を根本的に見直すことも大切です。一言で顎のたるみの原因と言いましても、これにはさまざまなものが考えられますが、中でも多くの人があてはまるというものには大体3つの原因が考えられます。1つは口呼吸が癖になっている人で、寝ているときにも鼻からではなく口から呼吸をしてしまい、気づいてみれば口の中がカラカラになっていたということもあります。この呼吸がどうしていけないのかと言えば、口で呼吸するときは顔の筋肉をほとんど使わないのが特徴ですから、顔全体がどんどんたるんでしまうのです。2つ目は普段はあまり意識することがないかもしれませんが、舌の位置が通常よりも下がっている場合どうしても口呼吸がメインになってしまい、その結果、顎もたるんでしまいます。3つ目は食事をする際の咀嚼が充分でないと、どうしても顎周辺の筋肉を使うことができないため、筋肉をつくれず、そこに脂肪が出てきてしまいたるみにつながってしまいます。また、以上のような日常的な習慣や行動からではなく、たとえば仕事や勉強をするときの姿勢などで顎のたるみができる原因というものものあります。一つには長時間のデスクワークというもので、これは仕事にしろ勉強にしろ、どうしても避けることができない場合もあります。こうした長時間のデスクワークというものは、何も顎のたるみばかりでなく、健康面でもいろんな悪影響を及ぼしてしまう恐れがあるのです。それから最近ではものすごく多くなったスマートフォンやタブレットですが、これも顎のたるみに大きく関わりを持っているのです。とくにスマートフォンでゲームなどをする人が増えていますが、夢中になりますと、ついつい顔を前に突き出すような姿勢になってしまいます。こういう姿勢が長時間続くと顎の周辺の筋肉がたるんでしまうのです。このようなたるみを改善させるための整形の手段には、最新の機械を始めとして、注射、糸などを使う施術方法があります。最新の機械というのは、たとえば高密度の超音波を使ってたるんだ部分の筋肉を引き上げるというウルセラシステムなどがとくに人気です。注射という手段には、これもかなり人気のあるヒアルロン酸注入によるリフトアップ効果で、たるんだ部分を改善することができます。糸というのは、当然のことですが安全性の高い糸を顔に挿入して、お肌をリフトアップさせる優れた効果を引き出します。