顎のたるみは美の強敵|効果的な施術を徹底解剖

締まりのない顔の原因とは

鏡を見る女性

顎のたるみは顔全体をしまりのないものにしてしまうことがありますから、これはかなりデメリットといえます。改善させるためにはクリニックなどでの最新の機械を使った施術や、ヒアルロン酸などの注入、そして安全性の高い糸でのリフトアップが最適です。

プロの技で高い効果を得る

顔を触るウーマン

頬のたるみや二重顎は女性にとって悩みの種ですが、実は表面的なものだけを改善したとしてもあまり意味がありません。自宅でのケアに限界を感じたら、美容外科クリニックに相談しましょう。安全で効果の高い施術を受けることができます。

カウンセリング

日々の小さな努力

実年齢よりも上に見られることが多い顎のたるみは、日々のエクササイズや食事療法でも改善できますが、美容整形外科クリニックを利用すると簡単に改善できます。手頃な費用で安全に行える施術方法もあるので、自力でのケアに限界を感じたらクリニックを利用しましょう。

鏡を見る女性

気になる脂肪を除去する

たるみが気になる部分だけピンポイントでスリムにできるのが脂肪を除去する手術です。顎についた脂肪も、脂肪吸引手術や脂肪溶解注射、サーマクールなどで解消すれば、フェイスラインがすっきりして小顔になります。

リフトアップの方法

カウンセリング

整形手術も視野に

顎のたるみを解消すればシャープな小顔になり、実年齢より若く見せることができます。美容外科クリニックでは顎のたるみを取るために、さまざまな施術を受けることができます。それぞれに長所や短所があり、施術に適した状態も異なるので、自分に合った方法を選ぶことが大切と言えるでしょう。顎のたるみの主な原因は、顎に脂肪が過剰についていることや、皮膚が衰えて筋肉や脂肪の重みを支えられなくなっていることです。したがって、たるみを取るには脂肪を減らすか、皮膚を引き締めることが主要な方法になります。脂肪を減らす方法として、美容外科では脂肪吸引や脂肪溶解注射を行っています。脂肪吸引は最も直接的に脂肪細胞を取り除く方法で、施術は1回で終わり、効果が大きいというメリットがあります。皮膚を切開する必要があるので、小さな傷跡ができますが、ほとんど目立たないように施術してもらえるでしょう。なお、手術後は患部が腫れたり、内出血が起こったりすることもありますが、だいたい1週間程度で引いてくるので問題ありません。少しでも腫れを軽減するには、症例の豊富な医師の施術を受けることが大切です。脂肪溶解注射は、徐々に脂肪を溶かし、体外へ排出させる効果がある施術方法です。脂肪吸引と違って、1回では大きな変化はないですが、何度か繰り返して施術を受けるうちに徐々に脂肪が分解されて、ダイエットで自然に痩せたようにスリムになれます。また、ダウンタイムはほとんどなく、体にやさしい施術と言えるでしょう。注射を打つときに、腫れや内出血・しこりが残らないように、症例の多い信頼できるクリニックを選んでください。このほかにレーザー照射で脂肪を溶かす方法もあります。体の表面から照射するレーザーは、脂肪を減らすと同時に、皮膚を引き締める効果も期待できます。また、光ファイバーを体内に入れて、直接的に脂肪細胞を破壊する施術も受けられます。レーザーによる施術の場合、ダウンタイムは少ないですが、火傷になりやすい体質の人は事前に医師に相談するようにしましょう。また、皮膚を引き締める方法として、最も効果が大きいのはリフトアップ手術です。こめかみや髪の生え際を切開して、顔の皮膚を持ち上げる方法で、顎のたるみだけでなく顔全体を引き締める効果が期待できます。大きくメスを入れる施術方法となるので、目立たないように切開してもらえる、技術力のあるクリニックを選びましょう。また、ダウンタイムも考慮して、長期休み中などゆっくり休めるときに施術を受けるのがおすすめです。近年ではメスを入れず、丈夫な糸を入れて皮膚を持ち上げるフェイスリフトも行われています。切るリフトアップ手術よりも体への負担が軽いという特徴があります。顎のたるみの原因は、ひとつだけとは限りません。たるみの状態によっては、脂肪吸引と皮膚の引き締めを組み合わせるのが効果的な場合もあります。いろいろな施術を行っているクリニックでカウンセリングを受け、ひとりひとりに最適な手段を見つけましょう。